住宅を選ぶ上での住環境について

戸建住宅を建てよう、建売物件を購入しようといった時、最初に始めるのは場所選びです。
今の居住エリアを変えたくなかったり、もう少し仕事場に近い場所に構えたい、またもう少し大きく余裕がある土地に住み替えたいなど様々あると思います。居住エリアを変える場合、家族ひとりひとりが住みにくい環境にならないか、たとえそうなったとしてもどこまで妥協できるかが大きなポイントになります。決めてしまってから不便だと感じてもまた住み替えすることは困難ですので、家族で十分話し合って住みよいエリアを探しましょう。また、不動産会社からの土地や建物の物件紹介では、最寄駅までの道のり、時間が短めに記載されていることがありますので、実際候補の土地まで出向き、駅までの道のりを確かめてみることがポイントです。時間がかかっても駅までのバスが近くから出ているとか、駅に無料の自転車置き場があって利用できるなどの情報を自分の目と足で確かめることで、無理そうだと思っていたけれど購入できそうだ、反対に大丈夫だと思っていたけれど実際はちょっと無理そう…など決定材料になります。収穫はあっても無駄になることはないですので、面倒でも何度か足を運んで決めるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です