岐阜県可児市で戸建て住宅を建てた方

岐阜県可児市では1月も中盤を過ぎると寒さのピークを迎えると言われ、暖房器具が手放せないですよね。

しかしながら、使用量に比例して光熱費は上昇してしまいます。

そこで、岐阜県可児市で少しでも光熱費を節約するために心がけたいポイントをお伝えします。

 

◆岐阜県可児市では暖房器具や使い方を見直そう

安全面からもエアコンや電気ストーブを利用している人がほとんどだと思いますが、特にエアコンというのは、暖まるまでの時間が最も電力が必要になるタイミングだと言われています。

節約を心がけようとマメにスイッチを消す人もいるかと思いますが、短い時間その場所を離れるのであれば、スイッチは消さない方が良いことがあります。

再始動させるための電力を使わなくすみますので、その分の光熱費の節約ができます。

そして見直したいのがコタツの存在です。

寒さは足元からと言われていますが、まさにコタツは足元を暖めるのに適した暖房器具です。

岐阜県可児市で戸建て住宅を建てた方はエアコンに比べて電気使用量も少なくすみます。

たとえば1000Wのエアコンをフル稼働させたとき、1時間の電気料金は約27円なのですが、コタツの強運転時(およそ200W)の1時間の電気料金は約5円、弱運転時(およそ80W)の1時間の電気料金は約2円です。

1日10時間1カ月(30日間)使用した場合のエアコンの電気料金は8100円、コタツ強は1500円、コタツ弱では600円とその差は歴然です。

岐阜県可児市で戸建て住宅を建てた方にとってコタツは光熱費節約の強い味方です。

寒い冬だからこそ、活用をしましょう。

また起床時間にあわせてエアコンのタイマーをセットしている人も多いと思いますが、出勤や登校までの時間は限られています。

特に一人暮らしであればエアコンではなく電気ストーブを使ってスポット的に暖めると、光熱費の節約に役立ちます。

岐阜県可児市で戸建て住宅を建てた方は早速、実践してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です