愛知県大口町の土地情報を求めている人

愛知県大口町の土地情報を求めている人に対してお話しします。

  • 愛知県大口町のデメリット 使用できる鍋やフライパンには制限が

IHクッキングヒーターには、鉄・ステンレス対応のIHとオールメタル対応のIHが揃っていますが、いずれも、材質や底部分の形状などによって、使用できない鍋があります。

愛知県大口町のでは一般的に、土鍋や陶磁器(セラミックス)、耐熱ガラスなどは使うことはできません。

オールメタル対応のIHであれば、それら以外は使用することが可能ですが、鉄・ステンレス対応のIHでは、銅やアルミなどの非磁性金属鍋やなべ底に磁石がつかないものなどは使用できません。

商品によって、専用の天ぷら鍋を推奨していることもあります。

また、鍋の大きさや形状などにも注意が必要です。

鍋やフライパンの底の形状は、平らでトッププレートに密着できるものが適しており、底が丸いものやそりがあるものは使うことができません。

鍋やフライパンなどの調理器具を購入する場合は、IHに使用出来るものかどうか、「一般財団法人 製品安全協会」が認定する「SGマーク」などを参考に選ぶことが大切でしょう。

 

◆IHクッキングヒーターの種類

・タイプ ビルトインと据え置き、システムキッチンはビルトインが多い

IHクッキングヒーターには、ワークトップに組み込むビルトインタイプとコンロ台に据え置くタイプがあります。

愛知県大口町の新築やリフォームの際に多く用いられるシステムキッチンでは、ビルトインタイプが設定されているのがほとんどです。

愛知県大口町では、ガスコンロと同じサイズなので、ビルトインでも取り替えが可能です。

ガステーブルをIHクッキングヒーターに交換するケースなどでは、据え置きタイプを用いることになるでしょう。

一般的に、愛知県大口町ではビルトインタイプの方が、機能が充実している商品が多くみられます。

ビルトインタイプのIHクッキングヒーターの間口サイズは、60cmと75cmです。

ガスコンロと同様の大きで、75cmであれば、鍋を仮置きするスペースを確保できますし、

60cmであれば、調理台部分を広く使うことができるでしょう。

・火力や口数 3つ口が一般的です。

ラジエントヒーターを組み合わせたタイプもIHクッキングヒーターの1口の最大火力は、

メーカーによって多少異なりますが、1.25kw・1.5kw・2.0kw・2.5kw・3.0kw・3.2kw程度です。

これらを組み合わせた、3つ口のタイプが一般的ですが、2口や1口のタイプもみられます。

据え置くタイプには、2口が多く、ビルトインタイプは、手前にふたつと奥にひとつの3つ口のタイプがほとんどです。

3つすべてがIH のタイプ、もしくは、手前ふたつがIHで奥にラジエントヒーター(ニクロム線が配置されているもの)を組み合わせたタイプのいずれかを選ぶことになるでしょう。

また、手前のふたつ、もしくはひとつがオールメタルとなっているものもあり、使用する調理器具に合わせて選ぶことも可能です。

メーカーによっては、3つのIHを横一列に並べたタイプなどもみられます。

愛知県大口町の土地情報を求めている人にとっては気になることです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です